So-net無料ブログ作成

NHKという異物

週刊プレイボーイがNHKを取り上げた記事の中にこんなものがあった。

『NHK広報局に、「今後、スクランブルを導入する考えはあるのか?」と聞いた。
「全国あまねく視聴できるようにするという、放送法(第15条)によって
定められた公共放送の使命が果たせなくなります。(中略)また、一般的に
スクランブル方式は、どうしても『よく見られる番組』に編成が偏り、番組の内容も
画一化していく懸念があります」(NHK広報局) 』


まあ、なんと説得力のない回答なんだろう。
最初はスクランブルをかけないで、払う意思のない家庭にだけスクランブルをかければいい。

「あまねく視聴」緊急の場合だけでいい。その時はスクランブルを一斉に解除すればいい。
その場合の費用なら、その時掛かった分だけ、国に請求すればいい。さほどかからない。

またこの記事の中『「公共放送だからこそ、表現の自由を確保し、不偏不党、公平・公正等の原則を
維持できるものと考えています」(NHK広報局) 』

と言っているが、笑える。


いつNHKがこんな立派な放送局になったっけ?




NHKに関してはまた後日。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。